【4D Biomaterials】バーミンガム大学などからのスピンアウト企業

シェアする

4D Biomaterialsは、バーミンガム大学とウォーリック大学からスピンアウトした企業で、15年にわたる学術研究を基に、埋め込み型医療機器用途の新クラスの生体吸収性3Dプリント用樹脂インク、4Degra®を開発しました。生体適合性のある形状記憶フォトポリマーは、3Dプリントにより柔軟または硬いデバイスに加工され、組織修復を促進した後、制御可能に分解され、良性で再吸収性の副産物になります。