バインダージェッティング とは

シェアする

バインダージェッティング(バインダージェット方式)とは、主に金属を造形するために使う技術です。

インクジェットプリンターの噴射機能に、結合剤を噴射して材料を固定する機能を付属させたもので、石膏や樹脂粉末を一層ずつ積み上げていって固めていく方式です。

3Dプリンターの中で唯一着色が可能であることが最大の特徴で、フルカラーモデルの作成に向いています。

噴射による造形のため、マイクロスケール印刷でち密に造形していく光造形に比べると強度は劣りますが、短時間でモデルを成型することが可能なので、短時間で製品を製作できるという利点があります。