材料押出堆積法/熱溶解積層法(FDM) とは

シェアする

FDMとは「Fused Deposition Modeling」の略で、材料押出堆積法、熱溶解積層法ともいいます。

熱可塑性樹脂を使って材料をそのまま押し出し成型して、一層ずつ造形していく方法です。
強度がある造形物を作りやすいですが、造形物に凹凸ができやすいため、滑らかな表面を実現したい場合には向いていません。

その反面低価格で家の建造などの大型のものを造り上げるのに特化しています。
材料を印刷して建造する方法、家そのものを印刷物として積み上げていく方法の2通りの方法があります。