基礎知識一覧

マイクロ3Dプリンティングの台頭

製造業には大きく分けて2つのタイプがあります:材料を追加して部品を作る「アディティブ」と、材料を削って部品を作る「サブトラクティブ」です。3Dプリンティングは、コンピュータ支援設計(CAD)ファイルからオブジェクトを構築するアディティブ・マニュファクチャリングの一種である。3Dプリントのコンセプトは...

記事を読む

アディティブ・マニュファクチャリングと小型化部品の傾向

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)、または3Dプリンティングは、30年以上前から存在しています。 長い間、利用できる技術は限られており、アプリケーションは一般的にプロトタイピングに限定されていました。 しかし近年では、技術革新と使用の新しい波が現れ、エンジニアリングや設計を超えて、短期およ...

記事を読む

極小部品の3Dプリントはどんな価値を創出するのか?

最近のアディティブ・マニュファクチャリングの進歩は、より大きな部品を印刷することに焦点を当てています。一方で、世界の多くの製品はどんどん小さくなってきています。製品の小型化傾向における大きな制限の1つは、利用できる製造方法を使用して、コスト効率の良いプロトタイピングができないことです。 3Dプ...

記事を読む

プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィ(PµSL)という 3D プリント技術

試作開発の現状と課題 BMFの技術は、プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィ(PµSL)と呼ばれる3Dプリント技術に基づいており、高解像度、高精度を実現しています。市場には様々なタイプの3Dプリント技術があります。多くの業界では、製品開発や少量生産のボトルネックに対処するために、アディティブ・マ...

記事を読む

microArch の 3つの印刷モードの違いは? FAQ よくあるご質問にお答えします

microArch プリンタには、使用するモデルに応じて複数の異なる印刷モードが用意されています。microArch の 3 つのモードは、以下の通りです。 印刷するパーツのサイズと目的によって、最適な印刷モードが決まります。 モード1:単一露光モード DLPチ...

記事を読む

マイクロスケール光造形による電子部品のプロトタイピング

ケータイを代表する身の回りのデバイスを代表する、電子機器の小型化が進む中、メーカーは電子部品の小型化の課題に直面しています。中でもコネクタが形状、適合性、機能の要件を満たしていないと、製品の発売が遅れ、機会損失が発生。その損失は企業にとって大きな痛手となります。開発プロセスをより早くするために何ができるのでしょうか?...

記事を読む

超高精細3Dプリンター×アイデア

あなたは、最近の3Dプリンター事情に詳しい人ですか?3Dプリンターと聞くと、あまり貴社の事業と関係ないイメージがあるかもしれません。調べたことが無い人は驚きますが、大きい世界では橋や家を作れたり、一方、精密分野でもマイクロ流路設計や装置向けの精密機械部品を作ることがあります。 S140での造形例 (左)テストソ...

記事を読む