提案・問題解決事例一覧

【医療分野事例】光造形マイクロ3Dプリンターで作った樹脂型で自己保湿コンタクトレンズを開発

コンタクトの最大のデメリットである目の表面の乾燥。マシーンを使って水分を補給するにしても効率や利用できる時間がバッテリー駆動時間に依存するなど、さまざまな欠点を抱えてきた。しかしながら、コンタクトレンズを使用する人の中では目の乾燥による網膜の欠損などが問題視されていた。そんな中でBMF製品を使い、工夫を凝らして機械を一切必要としない自己保湿機能について確立しました。

記事を読む

低コストで超高精細な光造形3Dプリンター出力を依頼できるサービス。

3Dプリンターのメリットは、金型不要で低コスト、自由度の高い造形が簡単に製作可能なことです。 一般に流通している、現在主流の3Dプリンターの造形技術「FDM」(熱溶解積層法)は、解像度や精度が低く、造形スピードも遅いため、用途が限られます。 中には造形スピードが早い機種も出てきていますが、精度が極端に落...

記事を読む

【乳化剤の製造方法】3Dプリンターで作製したエマルジョン発生装置による微小液滴の制御

マヨネーズやバターなどの混合物を作るときに必要な乳化という技術。この技術を高度化すべく、3Dプリンターが立ち向かう。

記事を読む

【直径3.3mmの尿管鏡】3Dプリンターは医療機関へも進出し、低侵襲の医療器具を実現

サイズの微細化が難しかった、また作製過程でものすごいコストがかかっていた。そんな悩みが解決された!?

記事を読む

[Case Study] Science誌に掲載されたナンヨウスギの葉構造

Case Study Vol.2を紹介させて頂きます! 香港城市大学の王鉆開教授(City University of Hong Kong, Zuankai Wang)とその共同研究チームは、BMF microArch®S140精密3Dプリンターを使用して、ナンヨウスギの葉に触発さ...

記事を読む

Case Study COVID-19検査用のモデル

Case Study Vol.1を紹介させて頂きます! マイクロ流路多重化モデルは、研究者が正常な生物学的プロセス、病原体又は薬理学的プロセスを測定・評価するため、タンパク質バイオマーカーや生物学的特性の分析ツールとして、使用されています。 微量の液体や流れを扱うマイ...

記事を読む

医療機器の3Dプリント ビデオラウンドアップ

いくつかの医療用機器の造形モデルの作例をビデオで共有します。 診断・手術ロボット用ツールの設計の複雑さは、医療機器設計者が直面している課題の一部に過ぎません。そこで医療機器の3Dプリントの出番です。

記事を読む

極小部品の3Dプリントはどんな価値を創出するのか?

最近のアディティブ・マニュファクチャリングの進歩は、より大きな部品を印刷することに焦点を当てています。一方で、世界の多くの製品はどんどん小さくなってきています。製品の小型化傾向における大きな制限の1つは、利用できる製造方法を使用して、コスト効率の良いプロトタイピングができないことです。 3Dプ...

記事を読む