米3Dプリンターベンチャー企業が2400万ドルを資金調達

資金調達 ベンチャー
実績・事例製品|3Dプリンター

BMF(ボストン・マイクロ・ファブリケーション)は、超高精度アプリケーション向けの先端製造ソリューションを提供する企業として知られています。BMFは、2016年に設立され、ボストン、深セン、重慶、東京にオフィスを構え、サンディエゴに研究開発センターを置いています。彼らのmicroArchシステムプリンターは、製品開発、研究、工業用小ロット生産において、業界で最も正確で精密な高解像度3Dプリントを提供します。この革新的なPμSL技術を使用して、優れた品質と精度を実現しています。BMFは、医療技術やハイエンド製造業にまたがる世界的な協力関係を強化するために、革新的な研究開発を改善し、端末製品のさらなる普及と拡張を図るという目標を掲げています。この会社は、2μmスケールで最高精度の製造が可能な積層造形企業として世界中から注目を浴びており、世界35カ国の2,000近い科学研究機関や工業企業がBMFと協力しています。

アメリカのベンチャー企業の資金調達方法と難しさ

2022年5月10日から2022年5月13日の期間に、アメリカ合衆国では合計540万社の法人が新たに設立されたと報告されました。一方、日本では2020年度には13万1238社の新設法人がありました。多くのスタートアップ企業は自己資金を利用して創業しており、アメリカのスタートアップ企業の平均的な創業資金は1万ドル(約130万円)です。アメリカではリーンスタートアップの手法が一般的であり、ベンチャーキャピタルからの資金調達は全体のわずか0.05%に過ぎません。また、ベンチャー企業は金融機関からの融資が難しい傾向にあります。特に規模の小さな企業や実績の乏しい企業にとっては、銀行を含む金融機関からの融資は容易ではありません。なぜなら、信頼が乏しくリスクが大きいからです。

2023年度BMFの資金調達結果

2023年8月10日、BMFはシリーズDラウンドで2400万ドルを調達しました。この資金調達は、国泰君安(グオタイ・ジュエアン・セキュリティーズ)証券が主導し、BMFの研究開発の改善と製品の普及・拡張を支えるために使われる予定です。この成功は、BMFが顧客のニーズに対応し、さらなる成長を遂げるための資金を確保する能力を示しています。

BMFが3Dプリンターで目指す未来

BMFは、デバイスの小型化、精密化、複雑化に対応する能力を持っており、これは産業発展の大きなトレンドであると認識しています。従来の製造プロセスが現在企業が要求しているより小規模な製造に苦戦している中、BMFの技術はこのニーズに応えるために重要な役割を果たしています。そのため、BMFはこの分野において注力し、関連する応用分野の製品に力を与え、マイクロスケール積層造形を前進させるために、広範にわたるパートナーシップを模索しています。

また、BMF代表は以下のようにも語っています。

「BMFの技術は、このニーズに応えるために不可欠な役割を果たすことができます。BMFの技術は、このニーズを満たすために不可欠な役割を果たすことができます。投資家の皆様の継続的なご支援のもと、私たちは関連する応用分野の製品に力を与え、インキュベートし続け、マイクロスケール積層造形を前進させるためにパートナーと幅広く協力していきます。」

BMF.USAより引用

まとめ

BMFの成功は、技術革新と強力なパートナーシップを通じて、高度に特化したニーズを満たす能力を示しています。その技術は、製造業における微細部の精密性と複雑性に対応するための重要な解決策を提供しており、その分野でのリーダーシップを確立しています。最近の資金調達の成功は、BMFがその成長と革新を継続し、顧客のニーズに応えるための資源を確保する能力を確認するものであり、その成功は同社が引き続きその分野でのリーダーシップを拡大するための道を切り開いていくことでしょう。

切削加工に匹敵する超高精細3Dプリンター

【産業用・研究用】
東大にも導入されている
微細造形3Dプリンターの革新技術

金型では実現できずに諦めていた複雑で微細な造形が可能に!しかも射出成型レベルの仕上がり。研究開発をはじめ、試作品の製作、開発スピードの加速、開発コストの削減に貢献!次世代の3Dプリンター が生み出す精密造形技術とは……?

今すぐ資料請求!

シェアする
フォローする
オルテディア