Case Study COVID-19検査用のモデル

シェアする

Case Study Vol.1を紹介させて頂きます!


マイクロ流路多重化モデルは、研究者が正常な生物学的プロセス、病原体又は薬理学的プロセスを測定・評価するため、タンパク質バイオマーカーや生物学的特性の分析ツールとして、使用されています。

微量の液体や流れを扱うマイクロ流路は、臨床診断用のポイント・オブ・ケア(POC)デバイスに広く使用されており、がんやCOVID-19などの複雑な実験手順において、複数のタンパク質バイオマーカーを定量的に測定する多重計測研究をサポートしています。

本ケーススタディでは、カリフォルニア大学バークレー校の学生2人が、COVID-19検査用のモデルを3Dプリンターでどのように製作しているかをご紹介します。

本研究テーマは、世界中で注目され、メディアにも多数掲載されています。

詳細は、こちらの資料(PDF)でご覧願います。

マイクロ3Dプリントが成長と進化を続ける中で、より多くの産業がイノベーションの重要な手段として3Dプリントを活用するようになるでしょう。マイクロ3Dプリントについての詳細をお知りになりたい方は、ぜひご連絡ください。