Medical Devices一覧

PDMS成形を利用した基板を3Dプリント

BMFの3Dプリンターの活用により、PDMSデバイスの製作時間と費用面の両方を解決することが可能となりました。今回はその実例ということで、写真やgif画像を用いて、実際に製作したものを提示しながら実例について深堀していきたいと思います。今回ご紹介する方法で、製作に4~5時間かかるところを30分という驚異的な時間短縮を実現できます。

記事を読む

高精度3Dプリンターの仕組みとプリント技術。研究用にオススメなのは光造形?

3Dプリンターによる造形方法は主に9つに分類されるが、造形する規模によっては適している方法がそれぞれ異なる。本記事ではほかの3Dプリンターの造形技術と比較しながら、弊社で取り扱う製品の得意分野について述べていく。

記事を読む

【医療分野事例】光造形マイクロ3Dプリンターで作った樹脂型で自己保湿コンタクトレンズを開発

コンタクトの最大のデメリットである目の表面の乾燥。マシーンを使って水分を補給するにしても効率や利用できる時間がバッテリー駆動時間に依存するなど、さまざまな欠点を抱えてきた。しかしながら、コンタクトレンズを使用する人の中では目の乾燥による網膜の欠損などが問題視されていた。そんな中でBMF製品を使い、工夫を凝らして機械を一切必要としない自己保湿機能について確立しました。

記事を読む

【東京大学】Lab on a Chipの表紙に掲載、竹内教授と共同研究チームとの研究成果

Lab on a Chipに掲載。世界トップクラスの3DプリンターBMFを使った東京大学が脂質二重膜の形成に最大93%の成功率を達成。モノの正確な複製技術が加速している。

記事を読む

【医療業界も注目】マイクロ流路デバイス(チップ)の3Dプリンター作製技術の進化

ヘルスケア、生物学、医療など多くの分野で使用されているマイクロ流体デバイスは、環境分析や食品・農業研究などでの利用も増えており、研究者からより早い製造プロセスが求められています。 同時に、流体が注入、排出される複雑な流路を作るために自由度と精度の高さを実現する製造方法も求められるため、 近年では3Dプリ...

記事を読む

細胞培養や組織工学用マイクロ3Dプリントで実現する足場材料の作製

カールスルーエ工科大学(ドイツ)の博士課程を修了した研究員 Monsur Islam氏は、炭素構造を3Dプリントして、カスタマイズ可能な組織工学用の足場を作製したいと考えました。 このプロジェクトの主な焦点は、ガラス状の炭素材料を3Dプリントした後、前駆体の炭化を実現することです。 プロジェクトでの壁 ...

記事を読む

【3Dプリンターで補聴器】金属の代わりとなる指でつまめない部品を製作

金属製小型部品の代替は旧来では非常に難しく、生産台数も技術的な問題で増加させるのは困難だった。しかしながら、マイクロスケールの部品を製作できる3Dプリンターの登場により、それは可能となった。今回はデンマークでの実例として金属製品の代替として、補聴器を取り上げている。

記事を読む

【3Dプリンター】小型化・高度化が進む医療用内視鏡デバイスの事例

医療機器の中で内視鏡の小型化及び高度化が進行しており、3Dプリンターはその実現に強い力を発揮している。

記事を読む

【乳化剤の製造方法】3Dプリンターで作製したエマルジョン発生装置による微小液滴の制御

マヨネーズやバターなどの混合物を作るときに必要な乳化という技術。この技術を高度化すべく、3Dプリンターが立ち向かう。

記事を読む

【直径3.3mmの尿管鏡】3Dプリンターは医療機関へも進出し、低侵襲の医療器具を実現

サイズの微細化が難しかった、また作製過程でものすごいコストがかかっていた。そんな悩みが解決された!?

記事を読む