3Dプリンターの医療業界への応用事例

現在、3Dプリンターの造形技術は急速に進歩しており、様々な分野から注目されています。 特に医療業界や科学分野での研究・開発などでの活用事例が増え、ますます期待が高まっています。 3Dプリンターの最大のメリットはオーダメイドで素早く短時間で小ロットの作製ができることです。 また、医療分野での利用に耐えるマイ...

記事を読む

マイクロ流路デバイスの作り方。小さな化学工場でモノづくりに革命。

今、毛髪や血管ほどのマイクロサイズの管を使った小さな化学反応容器「マイクロ流路」(マイクロ流体)デバイスを製作しようとする動きが世界で始まっており、創薬からヘルスケア、化学合成など多くの業界での利用が期待されています。 創薬の分野では、混合・反応、相合流、抽出、相分離などの化学反応の実験を行えば、使用する...

記事を読む

医療デバイスの小型化に応える高精度3Dプリンターの最新

医療業界では、患者さんごとに医療機器のカスタマイズの必要があるケースが多く、また、医療機器の小型化や新しい技術による低侵襲や無痛診断、無痛治療に対する期待も高まっています。 医療デバイスに必要とされる精度の問題やコスト、時間などの問題を解決すべく、現在医療業界では高性能な3Dプリンターに注目が集まっています。...

記事を読む

PDMS成形を利用した基板を3Dプリント

BMFの3Dプリンターの活用により、PDMSデバイスの製作時間と費用面の両方を解決することが可能となりました。今回はその実例ということで、写真やgif画像を用いて、実際に製作したものを提示しながら実例について深堀していきたいと思います。今回ご紹介する方法で、製作に4~5時間かかるところを30分という驚異的な時間短縮を実現できます。

記事を読む

3Dプリンターの精度や解像度は比較できる?

2Dにおける解像度というと画質と具体的に答えることができると思うが、ではそれを3次元に拡張したとき、高解像度とはいったい何を指すのだろうか。2Dの概念に付随して考えると、目が細かくきれいということをイメージする人がいるかもしれない。だがしかし、3Dプリンターにおける基礎知識としてはそれは大きな誤解である。今回は一般的に言う高解像度とは離れて、3Dプリンターの高解像度について触れていく。

記事を読む

高精度3Dプリンターの仕組みとプリント技術。研究用にオススメなのは光造形?

3Dプリンターによる造形方法は主に9つに分類されるが、造形する規模によっては適している方法がそれぞれ異なる。本記事ではほかの3Dプリンターの造形技術と比較しながら、弊社で取り扱う製品の得意分野について述べていく。

記事を読む

【医療分野事例】光造形マイクロ3Dプリンターで作った樹脂型で自己保湿コンタクトレンズを開発

コンタクトの最大のデメリットである目の表面の乾燥。マシーンを使って水分を補給するにしても効率や利用できる時間がバッテリー駆動時間に依存するなど、さまざまな欠点を抱えてきた。しかしながら、コンタクトレンズを使用する人の中では目の乾燥による網膜の欠損などが問題視されていた。そんな中でBMF製品を使い、工夫を凝らして機械を一切必要としない自己保湿機能について確立しました。

記事を読む

製造業における課題と3Dプリンター導入による改善事例

人件費、製造コスト、生産性に関してはいつの時代も抱える課題となっている。グローバリズムが進行する中で、在庫リスクと闘いながらも製造業をはじめとした産業は製品を製作し続けている。しかしながら、余分出資の削減を現実化するのは難しい。そこで効率化を図るために世界では3Dプリンターを導入する企業や医療機関などが増えてきています。今回はその事例をご紹介します。

記事を読む

【東京大学】Lab on a Chipの表紙に掲載、竹内教授と共同研究チームとの研究成果

Lab on a Chipに掲載。世界トップクラスの3DプリンターBMFを使った東京大学が脂質二重膜の形成に最大93%の成功率を達成。モノの正確な複製技術が加速している。

記事を読む

BMF社のグローバル展開のための資金調達状況について

特許取得済みの造形技術PμSLを用いて、グローバル展開を目指すBMF製品。マイクロスケールの高速3Dプリントを行うことにより、従来では不可能だった、高速かつ受注ごとの限定製作にも力を発揮している。幅広い樹脂の材料にも柔軟に対応し、クラウドファンディングで総額4300万ドルの融資を受けることができるほどに支持されている。

記事を読む