【医療業界も注目】マイクロ流路デバイス(チップ)の3Dプリンター作製技術の進化

ヘルスケア、生物学、医療など多くの分野で使用されているマイクロ流体デバイスは、環境分析や食品・農業研究などでの利用も増えており、研究者からより早い製造プロセスが求められています。 同時に、流体が注入、排出される複雑な流路を作るために自由度と精度の高さを実現する製造方法も求められるため、 近年では3Dプリ...

記事を読む

細胞培養や組織工学用マイクロ3Dプリントで実現する足場材料の作製

カールスルーエ工科大学(ドイツ)の博士課程を修了した研究員 Monsur Islam氏は、炭素構造を3Dプリントして、カスタマイズ可能な組織工学用の足場を作製したいと考えました。 このプロジェクトの主な焦点は、ガラス状の炭素材料を3Dプリントした後、前駆体の炭化を実現することです。 プロジェクトでの壁 ...

記事を読む

低コストで超高精細な光造形3Dプリンター出力を依頼できるサービス。

3Dプリンターのメリットは、金型不要で低コスト、自由度の高い造形が簡単に製作可能なことです。 一般に流通している、現在主流の3Dプリンターの造形技術「FDM」(熱溶解積層法)は、解像度や精度が低く、造形スピードも遅いため、用途が限られます。 中には造形スピードが早い機種も出てきていますが、精度が極端に落...

記事を読む

3Dプリンター業界の最大の課題

3Dプリンターを導入する際に大体多数の人が着目する点としては、導入コストに対する収益率と作ろうとしている製品の再現性である。確かに性能が良いものを選びたい気持ちは皆にある。今回は3Dプリンターの後処理についても触れて3Dプリンターを選ぶ際に知っておきたいことについて語っていく。

記事を読む

【3Dプリンターで補聴器】金属の代わりとなる指でつまめない部品を製作

金属製小型部品の代替は旧来では非常に難しく、生産台数も技術的な問題で増加させるのは困難だった。しかしながら、マイクロスケールの部品を製作できる3Dプリンターの登場により、それは可能となった。今回はデンマークでの実例として金属製品の代替として、補聴器を取り上げている。

記事を読む

3Dプリンターに要求される精度はミクロン領域へ。商業化されつつある技術と今後。

3Dプリンターに要求される精度について、アメリカで人気のものづくり系サイトDesignworldのポッドキャストで、BMFのCEO John Kawolaはゲストスピーカーとしてインタビューされました。 インタビューではBMFの誕生から、さらにこの先のことまで語っています。

記事を読む

進化する3Dプリンタの材料

従来は特定のかつ単体の材料しか取り扱うことができなかったが、プラスチックや複合材料への適応が進められている。また、これらの実現により無在庫での対応を行うことで、保管倉庫や費用を不要とし、維持費等の削減に寄与していけるとしている。これは柔軟なスペアパーツ量産への施策となりえる。スペアパーツの量産が比較的容易になったのは3Dプリンターの出現によるものだ。

記事を読む

BMFの高精度3Dプリンター「S230」がTCT Awards 2022受賞

世界の積層造形、デザイン等の技術を図るプログラムが毎年開催される中、2022年にハードウェア部門でBMFが表彰されました。積層造形技術は前例のない精密さとスピードを誇っており、特許も獲得しているBMFならではの印刷技術の成果です。

記事を読む

【医療機器開発】医療分野でも小型部品製作のために3Dプリンター

BMFと4D Biomaterialsのパートナーシップは、医療機関で掲げられた問題を解決するために日々努力を重ねています。

記事を読む

【乳化剤の製造方法】3Dプリンターで作製したエマルジョン発生装置による微小液滴の制御

マヨネーズやバターなどの混合物を作るときに必要な乳化という技術。この技術を高度化すべく、3Dプリンターが立ち向かう。

記事を読む