マイクロ3Dプリンティングの台頭

製造業には大きく分けて2つのタイプがあります:材料を追加して部品を作る「アディティブ」と、材料を削って部品を作る「サブトラクティブ」です。3Dプリンティングは、コンピュータ支援設計(CAD)ファイルからオブジェクトを構築するアディティブ・マニュファクチャリングの一種である。3Dプリントのコンセプトは...

記事を読む

共同創立者 兼 最高技術責任者 Chunguang Xia のインタビュー

BMFの共同創立者兼最高技術責任者であるChunguang Xiaをご紹介します。経験豊富な3Dプリンティング技術者であるChungguangは、マクロとナノ3Dプリンターのギャップを埋めるためのPµSL技術の役割について話します。 Q: あなたの経歴を教えてください。 A: 機械工...

記事を読む

マイクロ流体デバイスの3Dプリンティング ビデオラウンドアップ

マイクロ流体デバイスは、多くのヘルスケア、生物学、医療分野で使用されています。また、環境分析や食品・農業研究での利用も増えています。 研究者は製造プロセスを加速したいのですが、流体が注入されたり排出されたりする複雑な流路を作るため、自由度も精度も高い製造方法も求めています。 このため、近年では3Dプリン...

記事を読む

ファーストクラスの編集ソリューションを提供するMagics Print for BMF

Materialise社とのソフトウェアパートナーシップを発表しました。Magics Print for BMFは、業界リーダーであるMaterialise社とBMFの技術提携により3Dプリントをより確実に正確にする作業環境を提供します。

記事を読む

医療機器の3Dプリント ビデオラウンドアップ

いくつかの医療用機器の造形モデルの作例をビデオで共有します。 診断・手術ロボット用ツールの設計の複雑さは、医療機器設計者が直面している課題の一部に過ぎません。そこで医療機器の3Dプリントの出番です。

記事を読む

アディティブ・マニュファクチャリングと小型化部品の傾向

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)、または3Dプリンティングは、30年以上前から存在しています。 長い間、利用できる技術は限られており、アプリケーションは一般的にプロトタイピングに限定されていました。 しかし近年では、技術革新と使用の新しい波が現れ、エンジニアリングや設計を超えて、短期およ...

記事を読む

MEMS 3Dプリンティング。ビデオラウンドアップ

マイクロメカニカルデバイスは、3次元(3D)の特徴を持ち、かなり複雑なミニチュア機械構造物です。 これらの小型機械は、電気部品と統合することができ、寸法はミクロン単位で測定されます。MEMSデバイスはマイクロ電子部品に始まり、現在では医療機器やマイクロ流体工学への応用が拡大しています。 マイクロメカニカ...

記事を読む

極小部品の3Dプリントはどんな価値を創出するのか?

最近のアディティブ・マニュファクチャリングの進歩は、より大きな部品を印刷することに焦点を当てています。一方で、世界の多くの製品はどんどん小さくなってきています。製品の小型化傾向における大きな制限の1つは、利用できる製造方法を使用して、コスト効率の良いプロトタイピングができないことです。 3Dプ...

記事を読む

バイオマーカー検出の効率アップするマイクロ3Dプリンティング

中国の研究者は、BMFの造形方式であるプロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィー(PµSL)を使用して、バイオマーカーの識別と検出のためのマイクロピラーアレイ電極(μAE)の作製を改善することができました。 µAEは小型化できる可能性があるため、電気化学的検出によく使用されています。BMFのマイク...

記事を読む

BMF microArch™S240 が 国際的な Prism Awardsを受賞

弊社取り扱いのBMF社microArch™S240 が 国際的な Prism Awardsを受賞しました。 3月3日、国際光学・フォトニクス学会であるSPIEとPhotonics Mediaは、Prism Awards(市場で最も優れた光学・フォトニクス製品)を発表しました。 第13回の授賞式はオンライ...

記事を読む