プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィ(PµSL)という 3D プリント技術

試作開発の現状と課題

BMFの技術は、プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィ(PµSL)と呼ばれる3Dプリント技術に基づいており、高解像度、高精度を実現しています。市場には様々なタイプの3Dプリント技術があります。
多くの業界では、製品開発や少量生産のボトルネックに対処するために、アディティブ・マニュファクチャリングを利用していますが、超小型部品では市場投入までの生産時間が大きい部品と比較して長期化する傾向があります。
小型部品の市場投入までの時間は、その複雑さのために長くなりがちです。さらに、マイクロマシニング、マイクロ射出成形、リソグラフィーなどの従来の微細加工技術では、セットアップコストが非常に高く、必要な工具を開発するまでに長いリードタイムがかかります。
アディティブ・マニュファクチャリングの積極的な利用により、従来の微細加工に関連する高コストと長いリードタイムを効率化することができます。

微細加工のためのアディティブ・マニュファクチャリング

微細加工に取り組む多くの企業は、これまではアディティブ・マニュファクチャリングを検討の対象としていませんでした。あるいは、アディティブ・マニュファクチャリングを導入していても、複雑で精密な部品を製造することができませんでした。
小型の微細部品の造形に必要な対象となるマーケットの定義が不十分なだけでなく、そもそも造形できないという技術的な問題があったからです。この問題を解決するのがBMF独自のプロジェクション・マイクロ・ステリソグラフィ(PµSL)です。この技術を活用することで、ユーザーは、マイクロスケールで実行可能な部品を印刷するのに必要な解像度、精密さ、および加工精度を得ることができます。

DLPとSLAのいいとこどり

Projection Micro Stereolithography (PµSL)プリンタは、DLPとSLA技術の両方の利点を利用することで、他の3D印刷技術とは一線を画しています。PµSLでは、SLAのトップダウン方向に印刷します。しかし、小さなスポットレーザーを使用するのではなく、DLPで行われるように、画像全体または画像の一部を硬化させます。薄いプラスチック製の膜が、タンク内で未硬化の樹脂を均等に延伸し、水平にしています。このプロセスは、アディティブ・マニュファクチャリングでの従来の微細加工技術よりもはるかに高速で、最高レベルの解像度を持つマイクロサイズの部品の製造が可能となります。DLPとSLAのいわばハイブリッドであるPµSL技術を使用することで、アディティブ・マニュファクチャリング領域のビジネスに大きな展開が期待できます。