fbpx

メガネを3Dプリンターで作る。低コストで高品質なカスタムフレームを製作

メガネ3dプリンター
実績・事例製品|3Dプリンター目的|コスト削減

メガネのフレームを作成するには、材料の選定、デザイン設計、製造プロセスの理解、調整と修理スキル、規制順守が必要です。背景知識として、視力補正原理、レンズの種類、ファッションとスタイル、市場トレンドなどが重要です。これらの要素を組み合わせて、高品質で快適なメガネを提供します。

近年では試作品を簡易的にかつ、迅速に作製できる3Dプリンターが注目を集めており、「メガネ 3Dプリンター」で検索を書けると実に約 5,650,000 件のヒットがでるほど(2023.10.4現在)たくさんの事例がインターネット上に網羅されています。

メガネのフレームを製作する際には、さまざまな課題や製作費に関する要因が考慮されます。

メガネのフレームの課題

  1. デザインとスタイル: メガネフレームのデザインとスタイルは、顧客の好みやトレンドに合わせる必要があります。新しいデザインを考案したり、特定のスタイルに合った製作を行ったりすることが求められます。
  2. 材料の選定: メガネフレームはさまざまな素材で作られます(例: アセテート、メタル、チタンなど)。適切な素材を選び、その材料の特性を理解する必要があります。
  3. フィッティングと快適さ: フレームの形状やサイズは、顧客の顔に適合し、快適に装着できるように設計する必要があります。これには、鼻パッドやテンプルの調整などが含まれます。
  4. 耐久性と品質: メガネフレームは日常の使用に耐える必要があり、高品質な製品を提供するために適切な品質管理が必要です。
  5. 法規制と安全性: メガネフレームは一定の法規制に従う必要があります。特に、レンズの装着が必要な場合には、安全性と規制順守が課題となります。
  6. ブランドイメージ: メガネフレームのブランドイメージを構築することも重要です。魅力的なデザインや高品質な製品を通じて、顧客に満足感と信頼感を提供することが求められます。
  7. マーケット調査と競争分析: 市場のトレンドや顧客のニーズを把握するために、定期的なマーケット調査と競争分析を実施する必要があります。これにより、効果的な戦略の策定や製品の差別化が可能となります。
  8. 持続可能性: メガネフレームの製造や材料の選定において、環境に配慮した持続可能なプラクティスを採用することが求められます。リサイクル可能な素材の使用や省エネルギーの取り組みなど、環境負荷の低減に努める必要があります。
  9. 顧客サービス: メガネフレームの購入後も顧客との良好な関係を築くために、優れた顧客サービスを提供することが重要です。修理や調整サービスの迅速な対応や、顧客のフィードバックへの敏感さが求められます。

従来のメガネフレーム製作相場

概要費用
メガネフレーム+レンズセット約13,200円 (税込)~
新しいメガネの平均費用約2万円~
単焦点メガネ(レンズ+フレーム)約2万1000円〜
累進多焦点メガネ(レンズ+フレーム)約3万8000円〜3万9000円

3Dプリンターによる製作相場

ナイロン樹脂を使った場合だと、メガネのフレームの出力は約6000円程度に抑えることが出来ます。最終製品を出力する場合においてはより精密にプリントアウトできる3Dプリンターを使う必要がありますが、それでも成長期の子供のように、骨格の大きな変動が考えられる、人体に合わせたメガネを設計する場合には、手間と材料費を極限まで抑えることが可能です。また、製品に不備があった場合でもすぐに新しい製品をプリントすることも可能であり、総合的にかかる費用は従来より少なくて済みます。

メガネフレームに使用する材料

材料特徴
ナイロンポリアミド強度が高く、精度も高い
ポリウレタン劣化しにくい特性を持つ
TR-90軽量樹脂素材で、メガネのテンプル(つる)に装着される
アセテート質感が優れており、見た目も美しい

3Dプリンターでメガネを作る手順

3Dプリンターを使用して、顧客に合わせたメガネを作成することは、技術と創造性を結集させた楽しいプロジェクトです。以下では、その手順を詳しく説明します。

デザインの作成

まず、3Dモデリングソフトウェアを使ってメガネのデザインを作成します。このステップでは、フレームの形状、サイズ、スタイルを自由にカスタマイズすることができます。また、顔の形に合わせてフレームを調整することも可能です。

3Dモデルの準備

次に、作成したデザインを3Dプリント可能な形式(通常はSTLまたはOBJファイル)にエクスポートします。このファイルは、3Dプリンターが物理的なオブジェクトを作成するための「設計図」として使用されます。

スライシング

エクスポートした3Dモデルをスライサーソフトウェアに読み込みます。スライサーは、3Dモデルを薄い層に「スライス」し、それぞれの層がどのようにプリントされるかを指示するG-codeと呼ばれるファイルを生成します。

3Dプリント

G-codeファイルを3Dプリンターに送信し、プリントを開始します。メガネフレームの製造には数時間かかることがあります。

後処理

プリントが完了したら、サポート材料を取り除き、必要に応じて表面を研磨します。この後でレンズの取り付けを行います。

上記は基本的な手順ですが、使用する3Dプリンターや材料、ソフトウェアによって具体的な方法は異なる場合があります。

まとめ

メガネフレームの製作には、デザイン、材料選定、フィッティング、耐久性、法規制順守、ブランドイメージなどの要素が重要です。近年、3Dプリンターを使用した製作も注目されており、コストや柔軟性の面で利点があります。

メガネフレームの製作は、顧客の好みやトレンドを反映させるだけでなく、快適さ、耐久性、品質、法規制順守などの要素にも配慮する必要があります。3Dプリンターを利用することによって、従来と比較して非常にこれらのニーズに応えやすくなっており、強度や形状の調節も容易に行うことが可能です。

切削加工に匹敵する超高精細3Dプリンター

【産業用・研究用】
東大にも導入されている
微細造形3Dプリンターの革新技術

金型では実現できずに諦めていた複雑で微細な造形が可能に!しかも射出成型レベルの仕上がり。研究開発をはじめ、試作品の製作、開発スピードの加速、開発コストの削減に貢献!次世代の3Dプリンター が生み出す精密造形技術とは……?

今すぐ資料請求!

シェアする
フォローする
オルテディア
テキストのコピーはできません。