マイクロ3Dプリンティングの台頭

シェアする

製造業には大きく分けて2つのタイプがあります:材料を追加して部品を作る「アディティブ」と、材料を削って部品を作る「サブトラクティブ」です。3Dプリンティングは、コンピュータ支援設計(CAD)ファイルからオブジェクトを構築するアディティブ・マニュファクチャリングの一種である。3Dプリントのコンセプトは1970年に初めて発表され、それ以来、業界は進化を続けてきました。3Dプリンターは1980年代に初めて市場に登場しましたが、主に産業用アプリケーションで使用されていました。今日では、3Dプリンタは広く利用できるようになり、企業と個人の両方で使用されています。

マイクロ3Dプリント

1980年代以降、3Dプリントを取り巻く技術革新のほとんどは、より大きな部品を印刷することを中心に展開されてきました。しかし、製品の小型化が進むにつれ、3Dプリント技術はこのシフトに対応する必要があります。マイクロ3Dプリントの台頭です。

マイクロ3Dプリントは、超高精度のマイクロサイズの部品を生産するアディティブ・マニュファクチャリングの一種である。マイクロ3Dプリントをサポートする現在の3Dプリント技術には、SLA、DLP、およびProjection Micro Stereolithography (PµSL)と呼ばれる2つの組み合わせがあります。中でもPµSLは、2µmの解像度と印刷公差±10µmを得ることができます。マイクロ3Dプリンティングは、多くの産業で迅速なプロトタイピングと生産に使用することができます。

マイクロ3Dプリントの用途

マイクロ3Dプリントは、さまざまな産業で役立っています。ここでは、マイクロ3Dプリントの恩恵を受けられる代表的な5つの分野を紹介します。

医療機器 – 3Dプリントは、患者の治療や患者ケアの最適化のために、すでに医療界で広く利用されています。生体適合性のある材料と高解像度のマイクロ3Dプリントの組み合わせは、医療業界での3Dプリントの利用に新たな可能性を開きます。ステントから手術用針やその他多くの部品に至るまで、マイクロ3Dプリントは、シングルユースの医療機器を製造するための優れた選択肢を提供します。


電子コネクタ – 電子機器の縮小が進むにつれ、電子機器内のコネクタやその他の部品も縮小する必要があります。従来の製造方法では、これらの小さな部品をコスト効率よく製造することはできません。マイクロ3Dプリントは、小型電子機器の製造に必要な小型部品を試作し、製造するための費用対効果の高い方法を提供します。


マイクロフルーディクス(マイクロ流路) – マイクロフルーディクス技術には、さまざまな生産および開発アプリケーションがあります。ラボオンチップツールは、人体を模倣する革新的な方法を医学研究者に提供します。マイクロ3Dプリントは、より正確で複雑なマイクロ流体システムを可能にします。


マイクロメカニカルデバイス(MEMS) – MEMSは、小型で高精度なコンポーネントに頼って性能を発揮します。これらの小型高精度部品を成形したり、機械加工したりするのは非常に難しく、費用もかかります。MEMSを作成する際に3Dプリントを使用することで、これまで不可能だった新しい機能や形状を設計することが可能になります。3DプリントMEMSは経済的にも実現性が高いため、この業界では新たな商用アプリケーションの可能性が広がります。


創造と研究 – 世界は、学生や研究者を通じて進化し、革新を続けています。小型化の傾向が続く中、イノベーターは製品を縮小する新しい方法を発見し続けるでしょう。3Dプリントは、学生や研究者が迅速かつ費用対効果の高い方法でアイデアを試作したり、いじったりすることを可能にします。

マイクロ3Dプリントが成長と進化を続ける中で、より多くの産業がイノベーションの重要な手段として3Dプリントを活用するようになるでしょう。マイクロ3Dプリントについての詳細をお知りになりたい方は、ぜひご連絡ください。