Archives一覧

NO IMAGE

3D切削機 とは

3D切削機とは、樹脂や木材、金属などの素材を刃物を使って削り取る機械のことをいいます。 主に、3DCADをもとにして自動で削って造形していきます。 刃の届かない場所は造形不可能のため、中空形状などの複雑な加工はできません。

記事を読む

NO IMAGE

3Dスキャナー とは

3Dスキャナーとは、物体を3Dデータとして読み込む装置のことです。 スキャンの方式は、接触式と非接触式があります。

記事を読む

NO IMAGE

STL形式 とは

STL形式とは「Standard Triangulated Language」の略で、3Dデータの保存形式です。 モデル形状データを三角のポリゴンで表現して立体を再現しています。 構造上簡易的で汎用性は高いですが、現実には作れない造形物のモデルがデーター上では表現できることに注意して設計し、より現実世界で使える...

記事を読む

NO IMAGE

AM とは

AMとは(dditive Manufacturing Technology)の略で、素材を随時追加していくことで、造形物を作製する積層造形法のことをいいます。 3Dプリンターは主にこの造形方法です。 日本ではあまり聞かない言葉ですが、国際的にはAMが一般的です。

記事を読む

NO IMAGE

ラピッドマニュファクチュアリング とは

ラピッドマニュファクチュアリングとは、3Dプリンターを使って、最終製品を製造することです。 型などは一切必要とせずに最終製品を製造できることから、開発、提供までのスピードが迅速であり、大幅に時間短縮をできる反面、一度に作れる数量が限定されるため、大量生産には向きません。

記事を読む

NO IMAGE

ラピッドツーリング とは

ラピッドツーリングとは、手法的にはラピッドプロトタイピングと同じですが、射出成型鋳造に用いる型や、治具などの限定されたくくりの製品を短時間で作ることを指します。 製造コストの減少や、必要時のみの生産に対応できるメリットがあります。 オーダーメイドな製品や試験品を作製する際には非常に役に立ちます。

記事を読む

NO IMAGE

ラピッドプロトタイピング とは

ラピッドプロトタイピングとは、デザインや形状の確認のために、試作品を短時間(ラピッド)で製作することを言います。

記事を読む

NO IMAGE

マテリアル とは

3Dプリントにおけるマテリアルとは、3Dプリンターで造形をしようとしている素材(材料)のことをいいます。 主に樹脂が主流で、強度のある樹脂や光硬化性樹脂など幅広い樹脂が用いられます。 3Dプリンターの造形方式や機種によっては石膏をマテリアルとして用いるものや、金属加工が可能なものがあります。

記事を読む

NO IMAGE

プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィー(PμSL) とは

プロジェクション・マイクロ・ステレオリソグラフィー(PμSL)とは、SLA技術の改良版である投影型光源を利用した造形方法の応用技術で、BMF社独自の小型部品向けの造形方法です。 高い造形精度求められるマイクロデバイスなどの微細部品に使われます。

記事を読む

NO IMAGE

光造形(SLA) とは

SLAとは「tereolithography Apparatus」の略で光造形法のことをいい、3Dプリンターのもっとも古い造形方式です。 液体状の光硬化性樹脂を紫外線レーザーによって一層ずつ硬貨させて積層します。 太陽光に弱いですが、高精密かつ滑らかな表面を実現できます。

記事を読む