Tips一覧

3Dプリンターの精度や解像度は比較できる?

2Dにおける解像度というと画質と具体的に答えることができると思うが、ではそれを3次元に拡張したとき、高解像度とはいったい何を指すのだろうか。2Dの概念に付随して考えると、目が細かくきれいということをイメージする人がいるかもしれない。だがしかし、3Dプリンターにおける基礎知識としてはそれは大きな誤解である。今回は一般的に言う高解像度とは離れて、3Dプリンターの高解像度について触れていく。

記事を読む

高精度3Dプリンターの仕組みとプリント技術。研究用にオススメなのは光造形?

3Dプリンターによる造形方法は主に9つに分類されるが、造形する規模によっては適している方法がそれぞれ異なる。本記事ではほかの3Dプリンターの造形技術と比較しながら、弊社で取り扱う製品の得意分野について述べていく。

記事を読む

【医療業界も注目】マイクロ流路デバイス(チップ)の3Dプリンター作製技術の進化

ヘルスケア、生物学、医療など多くの分野で使用されているマイクロ流体デバイスは、環境分析や食品・農業研究などでの利用も増えており、研究者からより早い製造プロセスが求められています。 同時に、流体が注入、排出される複雑な流路を作るために自由度と精度の高さを実現する製造方法も求められるため、 近年では3Dプリ...

記事を読む

3Dプリンター業界の最大の課題

3Dプリンターを導入する際に大体多数の人が着目する点としては、導入コストに対する収益率と作ろうとしている製品の再現性である。確かに性能が良いものを選びたい気持ちは皆にある。今回は3Dプリンターの後処理についても触れて3Dプリンターを選ぶ際に知っておきたいことについて語っていく。

記事を読む

【4D Biomaterials】バーミンガム大学などからのスピンアウト企業

2つの大学からスピンアウトされた企業4D Biomaterialsは、先進医療技術を3Dプリンターにより解決している。

記事を読む

マイクロ3Dプリンティングの台頭

製造業には大きく分けて2つのタイプがあります:材料を追加して部品を作る「アディティブ」と、材料を削って部品を作る「サブトラクティブ」です。3Dプリンティングは、コンピュータ支援設計(CAD)ファイルからオブジェクトを構築するアディティブ・マニュファクチャリングの一種である。3Dプリントのコンセプトは...

記事を読む

共同創立者 兼 最高技術責任者 Chunguang Xia のインタビュー

BMFの共同創立者兼最高技術責任者であるChunguang Xiaをご紹介します。経験豊富な3Dプリンティング技術者であるChungguangは、マクロとナノ3Dプリンターのギャップを埋めるためのPµSL技術の役割について話します。 Q: あなたの経歴を教えてください。 A: 機械工...

記事を読む

アディティブ・マニュファクチャリングと小型化部品の傾向

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)、または3Dプリンティングは、30年以上前から存在しています。 長い間、利用できる技術は限られており、アプリケーションは一般的にプロトタイピングに限定されていました。 しかし近年では、技術革新と使用の新しい波が現れ、エンジニアリングや設計を超えて、短期およ...

記事を読む

MEMS 3Dプリンティング。ビデオラウンドアップ

マイクロメカニカルデバイスは、3次元(3D)の特徴を持ち、かなり複雑なミニチュア機械構造物です。 これらの小型機械は、電気部品と統合することができ、寸法はミクロン単位で測定されます。MEMSデバイスはマイクロ電子部品に始まり、現在では医療機器やマイクロ流体工学への応用が拡大しています。 マイクロメカニカ...

記事を読む

極小部品の3Dプリントはどんな価値を創出するのか?

最近のアディティブ・マニュファクチャリングの進歩は、より大きな部品を印刷することに焦点を当てています。一方で、世界の多くの製品はどんどん小さくなってきています。製品の小型化傾向における大きな制限の1つは、利用できる製造方法を使用して、コスト効率の良いプロトタイピングができないことです。 3Dプ...

記事を読む