【BMFが銀星(深セン)に】45台の3Dプリンターが並ぶ新しい生産ラインができました

シェアする

世界的に3Dプリント技術で最先端を走るBMF社の銀星(深セン)精密3Dプリントセンターが4月25日に開設されました。

銀星(深セン)の場所

どんな場所なの?

BMF銀星(深セン)精密3Dプリントセンターは3Dプリントセンターと装置組み立てセンターで構築されており、プリンティングエリアの床面性は約400㎡で、45台のプリンターを設置できます。装置組み立てのための製造エリアは約200㎡です。また、15台の装置を同時生産・試運転が可能です。

詳しくは動画をご覧になってみてください。

BMF社は、「これからもより多くのお客様にご満足いただけるように、より一層精進してまいります」と語っている。

3Dプリンター導入をご検討の方へ

本記事で取り上げた3Dプリンターは、オルテコーポレーションで販売を行っています。日本在住の方であればお気軽にこれらの製品をお求めいただけます。

ご連絡はこちらから