PµSL

技術解説

進歩する微細化技術、3Dプリンター技術を活用したセラミックス加工

この記事では、セラミックス科学技術の進歩、特に微細化技術と3Dプリンターによる造形技術によって、製品設計と機能性の向上、材料利用の効率化が可能になることを解説します。
  • 3Dプリンター
  • 生産性向上
技術解説

マイクロ流路を3Dプリンターで作る、微小レーザーターゲットの実験

超精密3Dプリンター「microArch」の使用によって、微細な構造物の製造が高精度で効率的に行えることを示す研究例を紹介します。
  • 3Dプリンター
実績・事例

microarch3Dプリンター|アーチ形部品の高信頼性人工材料開発

人工材料と特殊形状部品の市場価値と応用例について詳しく解説。3Dプリンターがどのように人工材料の開発に寄与しているかも紹介します。
  • 3Dプリンター
  • コスト削減
実績・事例

半導体製品製造におけるナノインプリントと3Dプリンター|PμSL

半導体と3Dプリンタは異なる役割を持ち、それぞれのメリット・デメリットがある。どちらか一方を使いこなせばよいわけではないため、目的に合わせて使い分けが必要。ナノインプリントは形が定型化しているものを、3Dプリンターは変動的な造形物を作ることに役立つ。それぞれが共存することで、製品の完成につながる。
  • 電子
  • 3Dプリンター
  • コスト削減
実績・事例

アンテナ工事の常識を変える?3Dプリンターでアンテナを作る

現代には地球上から宇宙までをも無線で結ぶ技術が普及しています。それらの技術は私たちの生活やビジネスを根底から支え続けています。衛星をはじめとした遠隔操作機器や、スマートフォン。先進技術をさアセルアンテナは私たちをこれからも支え続けることでしょう。
  • 3Dプリンター
実績・事例

転移する皮膚がん、3Dプリンターで新しい治療方法確立【PμSL】

切除しても転移して復活し続けるがん細胞。その中でも今回は皮膚がんにフォーカスしてご紹介します。マイクロスケールをプリントできる3Dプリンターが医療業界に参入してから、日本で最も問題視されている病気である、がんの研究に取り組んだ実例です。
    最先端情報

    【精密3Dプリンター】光造形による小型化の魅力

    過去3Dプリンターで細かいものを作ることは難しいとされ、長らく切削による製作が続いていましたが、最近の技術水準ではそれは大きく覆されています。業務用3Dプリンターでも、顕微鏡などをつかわなければ、はっきりとわからない細かな造形も実現できます。
    • 3Dプリンター
    • コスト削減
    技術解説

    プリントはナノ領域、3Dレーザリソグラフィー(TPP)とPμSL

    2000年に突入してから、飛躍的に小型化への研究が進んできました。現在では肉眼では観測できないほどの微細なものを製作することが可能になっているのが事実です。現実問題として、製品はどこまでの小型化が可能なのか、プリント技術を交えて解説しています。
    • 電子
    • 3Dプリンター
    最先端情報

    【従来と比較】速度設定が可能な高速3Dプリンター

    業務用3Dプリンターと聞くと、基本的に造形スピードが緩やかなケースが多いです。光造形3Dプリンターはその代わりに精密に造形できます。この精密造形の機能と速さを両立させた、光造形3Dプリンターが実在します。
    • 化学
    • 3Dプリンター
    • コスト削減