【3Dプリンター】小型化・高度化が進む医療用内視鏡デバイスの事例

シェアする

医療用内視鏡の発展に向けて

病の完治または寛解には早期発見が関連するものでるが、それらを遠隔でかつ同時評価できるようにすることが挙げられている。具体的には、異なる地域にいるプロジェクトメンバーが対象を同時に評価できるようにするということである。それを通じて、病気の早期発見に紐づけようとしている。

内視鏡製作にあたって

  • 検証や組み立てのために±20μm以下の公差を作る。
  • モデルを迅速に製造する。

製造ロボットの設計仕様

  • 寸法の組み合わせをできるだけ早く決定できるようにする。
  • 製品設計の反復プロセスを加速させる。

製造ロボット稼働の結果

  • 小ロット生産を迅速に行うことができるようになりました。
  • BMFプリンターの利用で、1回/200個ほど製造できている。

医療分野における内視鏡の課題

医療用内視鏡の小型化・高度化に伴い、より小さな体積と複雑化が要求されているため、組み立てや生産の難易度を低下させる必要があります。

内視鏡の詳細をまとめた動画がありますので、ご覧になってみてください。

3Dプリンター導入をご検討の方へ

本記事で取り上げた事例で使われたすべての3Dプリンターは、オルテコーポレーションで取り扱っています。日本在住の方であればお気軽にこれらの製品をお求めいただけます。

ベンチマーク造形、お見積りのご依頼はこちら