MEMS 3Dプリンティング。ビデオラウンドアップ

マイクロメカニカルデバイスは、3次元(3D)の特徴を持ち、かなり複雑なミニチュア機械構造物です。

これらの小型機械は、電気部品と統合することができ、寸法はミクロン単位で測定されます。MEMSデバイスはマイクロ電子部品に始まり、現在では医療機器やマイクロ流体工学への応用が拡大しています。

マイクロメカニカルデバイスの需要が拡大し続ける中、設計者はより大きな自由度と高速化を求めており、微細部品を3Dプリントできれば、企業の生産性は高まります。

現在の3Dプリントプラットフォームの中には、高速処理が可能なものもありますが、精度の低いアプリケーションや大型の部品サイズに限定されています。微細な機能と厳しい公差も造形可能なあれば良いと思いませんか?

BMFのProjection Micro Stereolithography(PµSL)技術は、最小10 µmの3Dチャンネルと高いアスペクト比を持つ精密部品を3Dプリントすることができます。

以下は、BMFのmicroArchプリンタで製造された3Dプリントされたデバイスをまとめたものです。

光電変換器(Photoelectric Converter)

光電変換器は、光送信機と光電受信機を使って2つの物体が通信できるようにするためのものです。この光電変換器の仕様は次のとおりです。

  • プリンタモデル – microArch S140
  • 寸法 – 5mm x 4.2mm x 6.1mm
  • 分解能 – 10 µm
  • 公差 – ±0.025mm
  • 特徴 – バッチトレイとして印刷

流体コネクタ(Fluids Connector)

この流体コネクタの仕様は次のとおりです。

  • プリンタモデル – microArch P140
  • 寸法 – 5.35mm x 5.35mm x 10.4mm
  • 分解能 – 10 mm
  • 公差 – ±0.025mm

液体コネクタ(Liquid Connector)

このコネクタの仕様は次のとおりです。

  • プリンタモデル – microArch S140
  • 寸法 – 5.35mm x 5.35mm x 10.4mm
  • 分解能 – 10 µm
  • 公差 – ±0.025mm
  • 特徴 – 複雑な内部空洞、異なる複雑な構造の一体成形