【従来と比較】速度設定が可能な高速3Dプリンター

最先端情報業界|化学製品|3Dプリンター目的|コスト削減

※S350について、現在日本国内での販売を見合わせております。
 S350についてのご興味ございましたらまずはお問い合わせください。

2022年ボストン・マイクロファブリケーション(BMF)は、最新作として産業用超精密3DプリンターであるmicroArch S350を発表しました。なんとそれは弊社製品の中では2番目(100×100×50mm)に大きなサイズで造形するもので、25μmの解像度を誇っています。

2μmと比較すると解像度の面では劣るものの、層の厚さは製品の中で最も分厚いという結果になっています。そのため、プリントした製品にひびが入りにくく、非常に強固なパーツが作れるというわけです。また、幅広い最終工程に応用できるように進化しています。

変わらない高品質さと速さ

高い品質のパーツや金具の生産が急遽必要になった場合は、早急に作り出せるほどのスピードと正確さ、精密さを兼ね備えています。microArch S350は、独自の投影型マイクロ・ステレオ・リソグラフィー(PμSL)をベースとして設計されています。主に、正確さや高い精度が求められる小型部品の生産に向いています。

以前までの製品との違い

自動横方向膜シフトによって、部品の取り出しやロボットアームとの連帯が非常にスムーズになっています。最終部品の製造を自動化し、使いやすさはこれまで以上に向上したといえます。また、樹脂の自動充てん機能、量の調節機能が付いているだけではなく、レーザーの変位を測るセンサーも搭載されていて、より正確に長時間稼働できるようになりました。レイヤー(積層ピッチ)を高速で広げるアドバンストローラーという機能もついています。これにより造形スピードが上がります。

細菌のテストにも強い製品に

エンドパーツに適した、エンジニアリングおよびセラミック樹脂の増加するポートフォリオと互換性を持ち、100℃を超える高温での滅菌テストが可能な部品を作ることが出来るようになりました。これにより、細部まで鮮明な部品を提供することが可能です。また難燃性のUL94-V0高弾性フォトポリマー樹脂を60℃で印刷が可能です。通常UL94-V0は耐熱性が105℃あるため、非常に熱に強く加工が難しいのですが、それを60℃という比較的低温で加工できるようにするのは、このプリンターならではでしょう。

小型化を推進する産業、研究者は増えている

主に、エレクトロニクス、光学/光通信、医療機器、マイクロ流体、ライフサイエンスなどの産業は、小型化を推奨しているところが多数であり、弊社で取り扱う製品を導入しているところもあります。これにより、これまで不可能だった方法でイノベーションが起こすことが出来るようになったというような声が寄せられています。

試作の仕事が得意

microArch S350は、超高解像度・高精度・高精度を必要とする1000~3万個程度の試作・生産に最適なプラットフォームで、研究者やメーカーの方々にご利用いただいています 。

特徴

  • カスタマイズ可能な高解像度光学系移動台(分解能:25μm25μmまで対応可能)
  • 高解像度と大面積化を両立させるステップ&リピートプロセス
  • 高精度な3Dプリントを実現する制御加工技術
  • リアルタイム画像モニター、オートフォーカス、露出補正
  • microArchグラフィックインターフェイスシステム搭載のオペレーションソフトウェアインターフェースシステム、顧客パラメータ設定に対応

スペック等

項目名/製品名S230S240S350
印刷用素材感光性樹脂感光性樹脂、セラミック感光性樹脂、セラミック
xy光学分解能2μm10μm25μm
xy位置精度± 2µm± 10µm± 25µm
ビルドサイズ50×50×50mm100×100×75mm100×100×50mm
層の厚さ5~20μm10~40μm10~50μm
外形寸法1720×750×1820mm650×700×790mm1350×850×1900mm
重量660kg130kg500kg
電源2000W2000W2000W

まとめ

S240に引き続き誕生したS350は、素材としてセラミックを使うことが出来るという特徴を引き継いでいます。ミリ単位以下のプリント誤差であり、製品としての性能上では問題がない範囲となっていて、かつ造形サイズもBMF製品の中では2番目に大きなサイズとなっています。

どうしても造形サイズを大きくすると、ひび割れなどの欠陥が起きやすくなってしまいます。S350は従来の製品の高い精度を受け継ぎ、欠陥が起こりにくく、加工困難な材質にも対応させ、製品上の進化を遂げました。

高精度マイクロ3Dプリンターでのベンチマーク造形をお試し下さい!

三菱重工やキヤノン、ヒロセ電機、東京大学、早稲田大学といった国内導入実績も多く、キャステムと同じく受託造形サービスを展開、気になる方はまずはベンチマーク造形の相談&お見積もりを依頼して、その精度を確認してみて下さい。
オルテコーポレーション超微細造形3Dプリントサービス

切削加工に匹敵する超高精細3Dプリンター

【産業用・研究用】
東大にも導入されている
微細造形3Dプリンターの革新技術

金型では実現できずに諦めていた複雑で微細な造形が可能に!しかも射出成型レベルの仕上がり。研究開発をはじめ、試作品の製作、開発スピードの加速、開発コストの削減に貢献!次世代の3Dプリンター が生み出す精密造形技術とは……?

今すぐ資料請求!

フォローする
オルテディア