fbpx

化学

最先端情報

【従来と比較】速度設定が可能な高速3Dプリンター

業務用3Dプリンターと聞くと、基本的に造形スピードが緩やかなケースが多いです。光造形3Dプリンターはその代わりに精密に造形できます。この精密造形の機能と速さを両立させた、光造形3Dプリンターが実在します。
  • 化学
  • 3Dプリンター
  • コスト削減
最先端情報

マイクロ流路デバイスの作り方。小さな化学工場でモノづくりに革命。

マイクロ流路は医療業界だけではなく、化粧品業界でも活躍の幅を広げています。複雑な構造を造形する方法として、3Dプリンターの導入が相次いでいます。今回はマイクロ流路の導入事例と作製方法について解説していきます。
  • 化学
  • 3Dプリンター
  • コスト削減
実績・事例

PDMS成形を利用した基板を3Dプリント

3D造形を活用してPDMS成型用のマスター型を造ることにより、PDMSデバイスの作成時間とコストは大きくカットできます。さらに造形に余分なプリント時間を減らしリードタイムを短縮することは、大きなメリットです。
  • 化学
  • 3Dプリンター
  • 生産性向上
最先端情報

【東京大学】Lab on a Chipの表紙に掲載、竹内教授と共同研究チームとの研究成果

BMF社は3Dプリンターの分野で、PμSLという特許技術を使い、高精度な部品を製造し世界中で注目を集めています。現在はグローバルに拠点を設け、事業の拡大に注力しています。最近ではシリーズCの資金調達において、総額8600万ドルを調達しており、今後の事業展開に期待が高まっています。
  • 化学
  • 3Dプリンター
最先端情報

細胞培養や組織工学用マイクロ3Dプリントで実現する足場材料の作製

3Dプリントでカスタマイズ可能な組織工学用足場材料を作成する研究。BMF社の3Dプリンターを使用して前駆体を造形し、炭化させることで足場を作製。カーボンの複雑構造体を作るための応用研究が進む。
  • 化学
  • 3Dプリンター
最先端情報

【CaseStudy】数ミクロン異なるバージョンのノズルを18種類一度に作成

BMFの積層造形技術を使用して、高精度で異なる仕様のノズル18種類を短期納期で製造するケーススタディです。分光学で使用する小型で高精度なノズルを必要としていた研究者の要望を実現するため、BMF PμSL技術を使用して製造しました。メタディスクリプション:積層造形技術を使用して高精度なノズルを短期納期で製造するケーススタディ
  • 化学
  • 3Dプリンター
テキストのコピーはできません。