アディティブ・マニュファクチャリングと小型化部品の傾向

シェアする

Additive Manufacturing Meets Miniaturization

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)、または3Dプリンティングは、30年以上前から存在しています。 長い間、利用できる技術は限られており、アプリケーションは一般的にプロトタイピングに限定されていました。 しかし近年では、技術革新と使用の新しい波が現れ、エンジニアリングや設計を超えて、短期および中規模の生産アプリケーションにまで拡大しています。 AM市場は現在、年間100億ドルと推定されており、今後も力強い成長が見込まれています。

機械製品、光学製品、電子製品、医療機器、あらゆる産業では、さらに小型化して製造する傾向にあります。 この傾向は引き続き強く、多くの市場で年々成長しています。

小型化を邪魔する要因の1つは、射出成形やCNC機械加工などの従来の製造方法では、小型化・小型化した部品を効果的かつ経済的に製造できないことです。 これまでのAMの進歩は、これらのニーズを満たすには不十分でした。

今までは。

私達はBoston Micro Fabrication (BMF)の世界的な発明を発表することに興奮している。 BMFは、マイクロスケール(分解能2μm~50μm、印刷公差±5~25μm)までの超高分解能、高精度、緻密度を必要とする部品に対応することに重点を置いています。 当社の技術は、Projection Micro Stereolithography(PµSL)と呼ばれています。PµSLは、創業者の一人であるMITの機械工学教授であるNick Fang博士を中心に開発されました。

BMFは2016年にFang博士が、Xiaoning He博士、Chunguang Xia博士と共に設立しました。 さらなる開発と製品化を行うために、中国の深圳にチームを編成しました。最初の顧客は2018年末からアジアで市場の一号機を導入しました。

顧客からのレビューは素晴らしいものでした。microArchは、これまで3Dプリントを使用して生産することができなかった部品を顧客に提供することができました。 解像度、精度、緻密度は、マイクロ射出成形やマイクロマシニングの最高のものと一致するレベルにあります。

マイクロ3Dプリントについての詳細をお知りになりたい方、またはデモやベンチマークパーツをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。