医療機器の3Dプリント ビデオラウンドアップ

シェアする

BMF3D造形は、医療機器の小型化、医療用ロボットでの活用が増えています。

診断・手術ロボット用ツールの設計の複雑さは、医療機器設計者が直面している課題の一部に過ぎません。そこで医療機器の3Dプリントの出番です。

BMFのProjection Micro Stereolithography(PµSL)技術は、超高解像度、高精度、緻密度で医療機器を3Dプリントすることができます。PµSLは、超高解像度(2µm~50µm)と印刷公差(±10µm~±25µm)で真の微細構造を3Dプリントすることができます。

以下は、BMFのmicroArchプリンターで3Dプリントされた医療機器の製造事例をまとめたものです。

内視鏡のシェル

内視鏡のシェルは、内視鏡の先端にあるカメラを覆うものです。ここでは、内視鏡シェルのスペックをご紹介します。

  • プリンターモデル – microArch S140
  • 寸法 – 9.8mm x 9.8mm x 13.8mm
  • 分解能 – 10 µm
  • 公差 – ±0.025mm
  • 特徴=管径1.2mm、最小肉厚65μm、数種類の複雑な構造が含まれています。

Part of the Week: Endoscope Shell

内視鏡用シェルは、機器のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。ここでは、別のモデルの内視鏡シェルのスペックをご紹介します。

  • プリンターモデル – microArch P140
  • 分解能 – 10 µm
  • 公差 – ±0.025mm
  • チューブ径 – 1.2mm
  • 長さ – 4mm
  • 最小肉厚 – 65 µm
  • 特徴 – いくつかのタイプの複雑な構造が含まれています。https://www.youtube.com/watch?v=xQG2f5I8Ws4

心血管ステント

心臓血管用ステントは、心臓への血流を改善するために冠動脈に留置します。このステントのスペックは以下の通りです。

  • プリンターモデル – microArch P140
  • 寸法 – 15.44mm x 3.42mm
  • 分解能 – 10 mm
  • 公差 – ±0.025mm
  • 特徴 – 柔軟性のある材料、複雑な構造物の迅速な製造

Part of the Week: Cardiovascular Stent

螺旋状の注射器の針

螺旋状の注射針は低侵襲手術に使用されます。この針のスペックをご紹介します。

  • プリンター モデル – microArch S140
  • 寸法 – 12.5mm x 12.7mm x 10.35mm
  • 分解能 – 10 mm
  • 公差 – ±0.025mm
  • 特徴-糸、注射器などの複雑な構造物を一体成形、動物実験にも十分な材料強度、注射器の内径=0.25mm。

Part of the Week: Spiral Syringe Needle