BMF社のグローバル展開のための資金調達状況について

最先端情報製品|3Dプリンター

 

各部品において、世界的に課題となっていたことが生産コストと製作難易度に関することです。従来の技術では製品は高価であり、製造が困難であったりしていますが、3Dプリンターの登場により、その付加価値について今後高まることが証明されています。2016年にBMFが設立されて以来、小型高精度部品の製作に取り組んできた。ミクロンレベルの公差を持つミリメートルスケールの部品に対する需要は増加傾向にあります。歴史的にみれば近年まで、高精度、高品質の製品を正確に再現することは困難であり、この技術は世に革命を起こした積層造形システムといえます。

BMFの強み

BMFは投影型マイクロステレオリソグラフィー(PμSL)という特許取得済みの技術を用いている。中でも最上位機種であるmicroArchP130は超高解像度(2μm以下)のサイズの部品を比類ない精度、正確さ、そして速度でプリントを行うことができます。これは人間の髪の毛の1/100以上のスケールで、microArch 3Dプリントと呼んでいます。SLAとプロジェクションリソグラフィーを組み合わせたこのプロセスでは、紫外線の閃光とカスタム光学系を使用して、液体ポリマーの層をマイクロスケールで高速に光重合します。強靭な樹脂、弾性樹脂、鋳造樹脂、高温樹脂など幅広い材料に対応できるため、BMFはこれまで医療やエレクトロニクス分野への適用を強調してきましたが、現在ではミクロン単位公差を持つのすべての製品に対する需要が高まっています。

2022年現在では、世界中の200以上の顧客拠点に設備を設置しています。これらは電子機器 、医療機器、光学・光通信、マイクロ流体、先端研究などに利用されており、時代とともに小型化が求められる産業において高精度な積層造形を実現し続けています。現在では中国にも施設を新設し、中国、日本にも拠点を設けてグローバル事業に力を注いでいます。BMFのCEOであるJohn Kawolaは次のように述べています。「当社のグローバルな展開は、お客様から高く評価されており、当社のシステムは、以前は3Dプリントできなかった部品の試作や、従来の方法では困難だった最終用途の部品生産のために、現在世界中で使用されています。」また次のようにも述べています。「当社の事業は力強く拡大しており、新たな資本を活用して当社の能力をさらに拡大する予定です。」

BMFの資金調達状況について

第一回目のクラウドファンディングにおいて、BMFは総額4300万ドルの融資を確保しています。これは製品開発、販売・マーケティング、カスタマーサポートを推進し、グローバルな顧客基盤の拡大を狙うために使われる予定です。また同年に追加資金調達で4300万ドルを調達することに成功しています。追加資金調達については中国のVCであるShenzhen Capital Group Co.(SCGC)が主導しています。

高精度マイクロ3Dプリンターでのベンチマーク造形をお試し下さい!

三菱重工やキヤノン、ヒロセ電機、東京大学、早稲田大学といった国内導入実績も多く、キャステムと同じく受託造形サービスを展開、気になる方はまずはベンチマーク造形の相談&お見積もりを依頼して、その精度を確認してみて下さい。
オルテコーポレーション超微細造形3Dプリントサービス

切削加工に匹敵する超高精細3Dプリンター

【産業用・研究用】
東大にも導入されている
微細造形3Dプリンターの革新技術

金型では実現できずに諦めていた複雑で微細な造形が可能に!しかも射出成型レベルの仕上がり。研究開発をはじめ、試作品の製作、開発スピードの加速、開発コストの削減に貢献!次世代の3Dプリンター が生み出す精密造形技術とは……?

今すぐ資料請求!

フォローする
オルテディア